くらし情報『《宮城・大崎》刑務所帰りの父親と交際相手を刺した女の「ヤバすぎる子育て」』

2020年7月15日 05:00

《宮城・大崎》刑務所帰りの父親と交際相手を刺した女の「ヤバすぎる子育て」

《宮城・大崎》刑務所帰りの父親と交際相手を刺した女の「ヤバすぎる子育て」
2~3年前の中鉢容疑者(フェイスブックより)
「このアパートに住んでいたのは若くてちゃっこい(小柄な)女。赤ん坊の育て方が危なっかしかったけれど、挨拶も何もできない女だから、余計な口出しをしないようにしていたんだ」

と近所の主婦は声を張る。

■赤ちゃんを腰にぶら下げて

その女こそ、父親と共謀して元交際相手の派遣社員男性(21)を刺したとして殺人未遂の疑いで逮捕されたアルバイト・中鉢瑞帆容疑者。

7月4日午前4時過ぎ、父娘同乗の軽自動車で宮城県大崎市内にある元交際相手宅に乗りつけると、窓ガラスをハンマーで割って夜襲。実父の西條悟容疑者(43)が刃物でわき腹など数か所を刺し車で逃げた。中鉢容疑者は逃走せず、駆けつけた警察官に身柄を確保された。

「逃げた父親は同日昼、県内の路上で車内にいるところを警察官に見つかり、カッターナイフで首を切って自殺した。中鉢容疑者は“父親がやったことで私はやっていない”と否認していたが、その後、現場まで道案内したことを認めた。捜査当局は父娘には強い殺意があったとみて調べを進めている」(地元記者)

元交際相手は、重傷を負ったものの命に別状はないという。

一部報道によると、中鉢容疑者の子どもをめぐり、元交際相手との間でトラブルがあったとされる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.