くらし情報『藤井聡太七段、“地元総出”の応援体制に感激!「クネッた重めの前髪」の魅力』

2020年7月16日 17:00

藤井聡太七段、“地元総出”の応援体制に感激!「クネッた重めの前髪」の魅力

藤井聡太七段、“地元総出”の応援体制に感激!「クネッた重めの前髪」の魅力
第91期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第1局終了後会見の藤井聡太(’20年6月)
『棋聖』と『王位』、2つのタイトル獲得が期待される藤井七段。街をあげて応援している故郷の愛知県瀬戸市では、大きな盛り上がりを見せている。でも、彼を見ていてやっぱり気になってしまうのは、あの特徴的な前髪。いったいどこでカットしているのかというと―。

■藤井七段の地元も大フィーバー

将棋の藤井聡太七段が快進撃を続けている。17歳の若さで、『棋聖』と『王位』の2つのタイトル戦を同時並行で戦っているのだ。

「藤井さんは中学生だった’16年に14歳2か月という史上最年少でプロ入りを果たし、無敗のまま公式戦最多記録となる29連勝。’18年2月に五段になると、その年の5月にはあっという間に七段に。1年で3回昇段するのは前代未聞です」(スポーツ紙記者)

デビューから2年2か月で史上最速、最高勝率で公式戦100勝に到達。3年連続で勝率8割以上は史上初の快挙だ。

「17歳10か月20日で棋聖戦への挑戦が決まったことにより、最年少タイトル挑戦記録を31年ぶりに更新。竜王戦も決勝トーナメントへの進出が決まり、年内に3つのタイトルを獲得する可能性も出てきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.