くらし情報『ローランドもお手上げ、歌舞伎町ホストクラブ“鉄板サービス”自粛の苦悩』

2020年7月15日 04:00

ローランドもお手上げ、歌舞伎町ホストクラブ“鉄板サービス”自粛の苦悩

ローランドもお手上げ、歌舞伎町ホストクラブ“鉄板サービス”自粛の苦悩
ROLAND
“いわゆる夜の街”と小池百合子東京都知事にレッテルを貼られた新宿・歌舞伎町。そこで働き暮らす30代現役ホストは、

「今も普通に営業している店がほとんどです。ホストたちも個々の生活があるので……」

と実態を報告。

「法律でしばらないと(感染拡大)防止は無理ですね」

と、きっぱり断言する。

■周りにうつしても迷惑意識はない

東京都で新たに243人の新型コロナウイルス感染者が確認された7月10日、西村康稔経済再生担当相は、接待を伴う飲食業への対応を強化すると明言。ホストやキャバクラ、ガールズバーなど約3000軒が密集する歌舞伎町への風当たりがさらに強まる流れだ。

あるホストクラブ経営者は、

「固定給のないリスキーな街」

と歌舞伎町を定義する。

「一文無しで歌舞伎町に流れ着いたり、ほかに働く仕事がない人がほとんどなので、ここで働かないと生きられない」

とホストの心情を代弁。

「歌舞伎町で寝て起きて食べて、生活全体が町内で完結しています。感染しても症状の軽い若者ばかりの街なので、コロナをうつして周りに迷惑をかけている意識はあまりありません」

経営者として危機管理には細心の注意を払っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.