くらし情報『山本裕典らの“劇場クラスター”、尾上松緑の大激怒に納得「東京舞台の恐怖」』

2020年7月16日 04:00

山本裕典らの“劇場クラスター”、尾上松緑の大激怒に納得「東京舞台の恐怖」

山本裕典らの“劇場クラスター”、尾上松緑の大激怒に納得「東京舞台の恐怖」
新型コロナ陽性が判明した、山本裕典
“舞台クラスター”が発生し、演劇人やメディアの集中砲火を浴びている。主催者側のずさんさが明らかになり、無理もない、という空気が優先する。

発生源となったのは、6月30日から7月5日まで、東京・新宿シアターモリエールで開催された舞台『THE★JINRO~イケメン人狼アイドルは誰だ!!』。俳優の山本裕典(32)らイケメンが多数出演し、ファンとの交流もウリにしているもので、

「舞台というよりも、ファンクラブイベント的なノリもあるステージです」(スポーツ紙演劇担当記者)

■尾上松緑「慎め、餓鬼舞台を舐めるなよ」

十分な感染対策が取られていなかったことが次々に明らかになったこと、さらに出演者や観客少なくとも人48人(15日現在)が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者も約850人にのぼっていることも、集中砲火に拍車をかけている。

情報番組の司会者の坂上忍、立川志らく、コメンテーターの中尾彬らがテレビで非難し、歌舞伎俳優の尾上松緑(45)はブログで「素人共責任取れるのかよ」「慎め、餓鬼舞台を舐めるなよ」などと罵詈雑言を浴びせかけた。

「責められてもしかたない、ずさんなやり方でしたが、完ぺきなやり方をしたとしても、コロナを防げるかはわからない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.