くらし情報『長谷川博己がダンマリの『麒麟がくる』、ピリピリ現場を和ます“ハンサム俳優”』

2020年7月26日 18:00

長谷川博己がダンマリの『麒麟がくる』、ピリピリ現場を和ます“ハンサム俳優”

長谷川博己がダンマリの『麒麟がくる』、ピリピリ現場を和ます“ハンサム俳優”
長谷川博己
コロナ禍で撮影が一時できなくなり本編の放送が休止となっている大河ドラマ『麒麟がくる』。ただ、6月30日からは撮影自体は再開している。

「全出演者に“コロナ感染防止マニュアル”が配布されました。この冊子の厚みが5センチほどもある(苦笑)。撮影所へ入場する人数の制限やフェイスガードの着用から、実際の演技─例えば“出演者同士の距離は2メートルを守る”“2メートル以内の演技は時間を制限して”全出演者の同意を得て行う”といったことまで設定されているんです」(NHK関係者)

現場では、スタッフも出演陣も「ここから絶対にコロナを出さない」という覚悟で臨んでいるという。

「感染者が出たとなれば、『麒麟がくる』は打ち切りの可能性大。2021年度の大河の準備も控えており、スケジュール的にもギリギリです」(前出・NHK関係者)

そんな状況を受け、『明智光秀』役という主演で“座長”を務める長谷川博己は、かなりピリピリしているよう。

「撮影が中断する前に比べて“しゃべらなくなった”とスタッフの間ではもっぱらの噂。もともと口数の少ない俳優さんですが共演者やスタッフとも、必要なこと以外、ほとんど雑談はしない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.