くらし情報『井ノ原快彦の『特捜9』、降板予定の津田寛治に「辞めないで」態度急変の裏事情』

2020年7月29日 16:00

井ノ原快彦の『特捜9』、降板予定の津田寛治に「辞めないで」態度急変の裏事情

井ノ原快彦の『特捜9』、降板予定の津田寛治に「辞めないで」態度急変の裏事情
井ノ原快彦
シーズン3の第9話までの平均視聴率は13・7%と高視聴率をキープしている、井ノ原快彦主演の人気ドラマ『特捜9』(テレビ朝日系)。

「早めにクランクインしていたため第4話までは予定どおり放送できましたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、撮影が約2か月間中断。その影響で12話まで予定していたものの、全10話に縮小されてしまいました。それでも、来年のシーズン4制作は、ほぼ決定しています」(テレビ朝日関係者)

『特捜9』に関しては、以前から現場での不協和音が取りざたされてきた。

「前シリーズである、渡瀬恒彦さんが主演の『警視庁捜査一課9係』時代からのベテランスタッフ数人が、“視聴者層が若くなったので、スタッフも若返りを図りたい”という理由で昨年、リストラされてしまったんです。今回のシーズン3では井ノ原さんが所属するジャニーズ事務所から、スタッフの若返りをさらに進めたいということで『9係』時代から唯一、残っていたプロデューサーのA氏もリストラの対象になっていました」(同・テレビ朝日関係者)

これに黙っていなかったのが、『9係』の初期から出演し続けている津田寛治だった。

「“信頼しているスタッフが次々と去り、続けていく意義が感じられない〟と、今シリーズをもって降板することを決めたそうなんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.