くらし情報『後藤久美子が「一生オスカー」宣言、タレント流出で“窮地”の事務所を救えるか』

2020年7月29日 11:00

後藤久美子が「一生オスカー」宣言、タレント流出で“窮地”の事務所を救えるか

後藤久美子が「一生オスカー」宣言、タレント流出で“窮地”の事務所を救えるか
後藤久美子
「何があっても、私は事務所を離れませんから」

今年に入り、岡田結実や米倉涼子など人気タレントたちの退社が相次いでいるオスカープロモーション。そんな中、30年以上前から所属し、“美の総合商社”と呼ばれるようになった立役者ともいえる後藤久美子が、冒頭のような“一生オスカー”宣言をしているという。

「米倉涼子さんや上戸彩さん、武井咲さんなど、現在活躍する同社の女優の多くは、“第2のゴクミを発掘する”をコンセプトにスタートした『国民的美少女コンテスト』の出身。後藤さんは芸能活動をセーブしている現在も、オスカー社員の名刺のウラには所属タレントのトップとして名前が書かれるなど、同社にとって別格の存在です」(広告代理店関係者)

後藤のほうも、海外移住など自分の意思を尊重した芸能活動を続けさせてくれる事務所に恩義を感じているようだ。

「看板タレントが続々と去っている事務所の現状を見て、“自分にできることがあれば協力しますから何でも言ってください”と申し出ているそうです」(同・広告代理店関係者)

後藤のスター性を早くから見抜いていたオスカーの古賀誠一会長は、所属からデビューまでの2年間、歌や演技の英才教育をさせるなど、手塩にかけて彼女を育てた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.