くらし情報『中居正広が「謎の掟」を打破、ジャニーズ退所後もすんなり共演できた賢い選択』

2020年7月21日 21:00

中居正広が「謎の掟」を打破、ジャニーズ退所後もすんなり共演できた賢い選択

中居正広が「謎の掟」を打破、ジャニーズ退所後もすんなり共演できた賢い選択
中居正広
今回で10回目となった、TBS夏の大型音楽特番『音楽の日』(18日放送)。2011年の第1回目から総合司会は中居正広と安住紳一郎が担当しているが、今年は放送前から出演アーティスト以上に、注目を集めていた問題があった。

中居は今年3月でジャニーズ事務所を退所し、笑いを交えた会見は終始なごやかなムードで、“円満退所”であることを強調。しかし、ジャニーズの所属タレントでなくなった中居の番組で、ジャニーズのタレントたちとの“共演”は果たしてあり得るのか、逆に「新しい地図」と共演のサプライズがあるのかと、もう“ジャニーズではない中居”の立ち位置が話題に。

というのも、第一弾として発表された出演者に、ジャニーズタレントの名前がどこにもなかったのだ。そのため各ファンも「やっぱり共演は無理か……」とあきらめかけたところに、第三弾の発表でジャニーズグループ総勢14組の出演が明らかに。中居とジャニーズタレントの共演は、現実のものとなった。

出演者は、番組登場順に、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、Sexy Zone、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、SixTONES、Snow Man、関ジャニ∞、King & Prince、Kis-My-Ft2、V6、KinKi Kids、NEWS、嵐の14組。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.