くらし情報『斉藤祥太・慶太、ガテン系副業で気づけた「芸能界での成功がすべてじゃない」』

2020年8月2日 09:00

斉藤祥太・慶太、ガテン系副業で気づけた「芸能界での成功がすべてじゃない」

あと同じ日時に偶然、同じ場所で同じ映画を見ていたこともありました」(慶太)。

「同じ日に生まれ同じ家で同じものを食べて育っているから似てくるのは当たり前かもしれません。それでも僕がやや雑で、慶太は洗濯物をしっかりたたむなど多少の違いも。周囲から見たらどっちがどっちか分からないかもしれませんけど(笑)」(祥太)

ちなみに、映画『タッチ』のように双子で一人の女の子を奪い合う……ということはなかったそうだ。

そんな二人も30代も半ばに差し掛かり、口を揃えて「40代が楽しみだ」と話す。

「双子というのは、“もうひとりの自分がいる”ような感覚なんです。周囲が気を遣って注意してくれないことでもどちらかがしっかり叱る。双子だから道を踏み外さないという面もあるかもしれない。時に注意し合い、普段はお互いを認め合って、いろんな経験をした40代、今よりもっと深いお芝居が出来てたら良いですね」(祥太)
「ふたりともお婆ちゃんっ子。応援してくれるお婆ちゃんに恥ずかしくないよう今後も頑張っていきますので、これからも是非僕たちを見守っていてください」(慶太)

(※取材は’20年3月25日に行われたものです)

(文・構成/衣輪晋一)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.