くらし情報『長瀬智也の3月退社までにファンクラブ会員が(株)TOKIOに期待する“株主”優待』

2020年7月24日 21:00

長瀬智也の3月退社までにファンクラブ会員が(株)TOKIOに期待する“株主”優待

長瀬智也の3月退社までにファンクラブ会員が(株)TOKIOに期待する“株主”優待
やはり5人で「TOKIO」か
「(ファンクラブは)継続させてもらいます!」

7月22日、長瀬智也が来年3月を持ってジャニーズ事務所を退所することを受けて、TOKIOのリーダー・城島茂と国分太一、そして松岡昌宏は各メディアの取材に応じた。そしてファンクラブの今後について聞かれると、松岡は力強く宣言したようだ。

「3人になるTOKIOですが、当初予想された解散はせずにジャニーズ内で新会社『株式会社TOKIO』を立ち上げる、異例の“独立”に落ち着きました。そこで気になっていたのが、彼らのファンクラブです。会員は更新ごとに年会費4000円を支払う仕組みになっていますが、このまま継続の形をとるのならば、彼女たちは(株)TOKIOのいわば“株主”になるようなもの。

もちろん、実際の筆頭株主はジャニーズ事務所で、“社員”の3人が残りを分けるということですが、年会費は彼らの大事な“売り上げ”にもなるわけです。来年以降も更新してもらうために、少なくとも今まで以上に優待しないといけませんよ(笑)」(芸能プロ関係者)

TOKIOのファンクラブ会員はこれまで“冷や飯を食わされてきた”過去がある。

2018年5月に山口達也元メンバーが“クビ”になると、バンドとしての活動は完全にストップ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.