くらし情報『長谷川純、大河出演の演技派ジャニーズが新宿のバーで「嵐」を熱唱した“密な夜”』

2020年7月30日 04:00

長谷川純、大河出演の演技派ジャニーズが新宿のバーで「嵐」を熱唱した“密な夜”

長谷川純、大河出演の演技派ジャニーズが新宿のバーで「嵐」を熱唱した“密な夜”
新宿のバーで飲み明かす長谷川純
7月中旬の深夜3時すぎ。ディープな飲み屋が連なる東京・新宿の『ゴールデン街』に、ジャニーズ事務所所属の俳優・長谷川純の姿が。

「長谷川純さんは、いわゆる“演技派ジャニーズ”。TBS系のドラマ『渡る世間は鬼ばかり』には、2000年から板前役で出演しています。最近では、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演。ジャニーズの大先輩である本木雅弘さんが演じる斎藤道三の次男・斎藤孫四郎を熱演して話題になりました」(テレビ誌ライター)

1998年にジャニーズ事務所に入所し、同期にはKAT-TUNの亀梨和也、上田竜也、中丸雄一、NEWSの増田貴久、キスマイの藤ヶ谷太輔などがいる。

「2002年から2003年は、山下智久さん、生田斗真さん、風間俊介さんとともに『Four Tops』という4人組のユニットとして活動しましたが、デビューはしていません。ファンの間では今でも“伝説”と言われるほどの超人気ユニットでした」(前出・テレビ誌ライター)

そんな長谷川は1人で、ゴールデン街にある一軒のバーに入店。どうやら行きつけの店らしく、知り合いの客が顔を見せるたびに話しかけていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.