くらし情報『木村拓哉が「ちょいマック〜」CMを弁明、ネット批評を“エゴサ”する気にしぃ素顔』

2020年7月28日 19:00

木村拓哉が「ちょいマック〜」CMを弁明、ネット批評を“エゴサ”する気にしぃ素顔

もはや、ほとんどの人が合成だ、と見ていた矢先、本人がついぞ言及したのです」(ワイドショースタッフ)

2008年10月1日放送の『STOP THE SMAP』(文化放送)で、マックの質問と同様に《アレって拓哉君、本当に踊ってるの?》と寄せられたリスナーからの質問を紹介し、

《あのね、膝、足首、首、肩、手首、ひじ、チョー痛いです、アレ》

踊ったことで身体の節々を痛めた事をアピールする木村。さらに、同じ事をSMAPコンサートのバックダンサーからも聞かれたようで、

《“こうやって動いたんだわ”って鏡の前でやったら、“なんですか? それ”ってなって》

実際に、クネクネダンスをプロのダンサーに披露して驚かれたエピソードを明かしてみせたのだった。

「その後は、キムタクの“膝が柔らかい”という話になり、いつの間にかCM話からフェードアウトしていったのですが、“自分が踊った”と合成説を否定したかったのでしょう(苦笑)。マックの件といい、意外にも自分に対するネットの声を気にしているんですかね」(前出・ワイドショースタッフ)

■「何やってもキムタク」

昨年1月、TBS系『ニンゲン観察バラエティモニタリング』に出演した木村は、こんな思いを吐露していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.