くらし情報『上野樹里=“気難しい女優”のイメージを変えた「愛夫弁当」と「おふくろの味」』

2020年8月1日 21:00

上野樹里=“気難しい女優”のイメージを変えた「愛夫弁当」と「おふくろの味」

上野樹里=“気難しい女優”のイメージを変えた「愛夫弁当」と「おふくろの味」
上野樹里
新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影が中止になっていたドラマの現場も、7月に入り徐々に再開している。

女優・上野樹里(34)主演の『監察医朝顔2』(フジテレビ系)も6月下旬から再び撮影が始まった。昨年夏クールに放送され話題を呼んだ同ドラマの続編として今年の秋にスタートする予定だが、“月9ドラマ”としては史上初となる2クール連続での放送となる。

「すでに3月にクランクインはしていますが、共演者やスタッフと久しぶりの再会を果たし、現場も和気あいあいとしていたようです」(テレビ局スタッフ)

■姑・平野レミとの関係も良好

その上野は7月9日、自身のインスタグラムで、ロックバンド・TRICERATOPS(トライセラトップス)でボーカル&ギターを務める夫の和田唱(44)による手作り弁当を、以下のメッセージとともに公開。

《#愛夫弁当昨日から始まりました!とても助かっています。おまけに健康管理にもなってありがたいです。撮影中、続くと良いなぁ今日も夜までがんばります》

ふっくらとしたおにぎりに、おかずはブロッコリーやアスパラガスなどグリーンを中心としたサラダと豚肉のソテーといったスタミナたっぷりのメニュー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.