くらし情報『群馬・草津「町長から肉体関係強要」裁判、今も食い違う“両者の言い分”デッドヒート』

2020年8月6日 05:00

群馬・草津「町長から肉体関係強要」裁判、今も食い違う“両者の言い分”デッドヒート

群馬・草津「町長から肉体関係強要」裁判、今も食い違う“両者の言い分”デッドヒート
群馬県草津町の新井洋子町議(右)と黒岩信忠町長
有名な温泉町が騒然としたのは昨年11月のこと。群馬県草津町の新井祥子町議が、電子書籍などで「2015年に町長室で肉体関係を強要された」と黒岩信忠町長を突然告発したからだ。町長は「全部つくり話」と激怒し、逆に新井氏を名誉毀損で刑事・民事の両方で訴えたのだが、騒動はいま、沸騰点を迎えていて─。



取材場所に現れた新井氏は少し疲れているように見えた。

「議会で発言すると、町長が“ウソばかり”と突っ込んできて、まともな政策論議ができないんです。ようやく議員活動が再開できたと思ったら今度は議員辞職勧告されるし、居心地がいいとは言えませんが、告発は自分で決めたことなので覚悟しています」

と胸の内を明かす。

告発直後、個人間の問題を議場に持ち込んだことが「議会の品位を傷つける破廉恥な言動」だとして懲罰動議が可決され除名処分に。新井氏は「町長は公人で町長室は公共施設」と県に処分の執行停止を申し立て、2月にひとまず復職を果たした。処分の妥当性を判断する自治紛争処理委員の審決はコロナ禍で遅れており、身分がはっきりするまで時間がかかる見通し。

■必ず法的にシロ・クロつける

それでも新井氏は、

「ウソをついているのは町長。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.