くらし情報『原田龍二&宮崎謙介 “ゲス不倫” 対談、月日が流れてみえた「開き直りかた」』

2020年8月8日 11:00

原田龍二&宮崎謙介 “ゲス不倫” 対談、月日が流れてみえた「開き直りかた」

原田龍二&宮崎謙介 “ゲス不倫” 対談、月日が流れてみえた「開き直りかた」
原田龍二、宮崎謙介
芸能界という荒波に全裸で立ち向かう漢・原田龍二。そんな彼が、“文春砲”に当たったのは令和元年初夏のこと。

そして、今回の対談相手の宮崎謙介もまた、かつて文春砲の標的となり、衆議院議員を辞職、国民への謝罪会見も行った。“他人とは思えない”共通点を持つふたりが今、言葉を交わす!

■番組での不倫イジリは「本当に嫌でした」

原田宮崎さんには、ラジオのゲストにも来てもらって、ご縁がありますよね。

宮崎そうですね。実は、陰で原田さんのことを“アニキ”って呼んでます!

原田うれしいなー!(笑)この連載のテーマは反省なんですけど、先日、僕の不祥事は報道から1年たちました。

宮崎おめでとうございます!まだ1年ですか!

原田めでたくはないけど(苦笑)、1年たっても反省は続きますね。一生、反省です。

―宮崎さんはいかがですか?

宮崎僕は4年半ほどたちましたが、年を経るごとに反省すべき事象の見え方が変わっているのを感じます。

原田たしかに、自分が立っている場所は変化しますよね。

宮崎実は私、こう見えて2年間くらいふさぎ込んでいた時期があったんです。でも、3年目あたりから、自分の罪と向き合えていないことに気がついて、もう1度火の中に飛び込もう、と思ってテレビに出始めたんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.