くらし情報『結婚したいのにできない、交際しても続かない、婚活に疲れた男女が市場を去った理由』

2020年8月16日 20:00

結婚したいのにできない、交際しても続かない、婚活に疲れた男女が市場を去った理由

婚活をしたからといって、必ず結婚できるわけではありません。婚活に疲れて、辞めていく人たちもいます。ライターをしながら、仲人としても婚活現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えてゆく連載。今回は、「婚活に疲れて、婚活市場を去った人々のそれぞれの理由」について記します。

結婚したいのにできない、交際しても続かない、婚活に疲れた男女が市場を去った理由
婚活に疲れて、婚活市場を去った人々のそれぞれの理由とは?(写真はイメージです)■結婚にそれほど執着していない

婚活を始めても、結婚せずに婚活市場から去っていく人たちは、いくつかのタイプに分かれます。

まずは、結婚にそれほどの執着がないタイプ。

こういう人たちは、ある程度、仕事もうまくいっていて、年収もそこそこにある。ひとりで暮らしていくことに何の不自由も感じないし、趣味もあって、遊ぶ仲間もいる。まあ、結婚してもいいけれど、しなくてもいいかなと思っているのです。

泰之さん(45歳、仮名)は、年収が970万円あり、バイクが趣味で、月に1回か2回はツーリングに行く仲間がいました。仲間の中には既婚者もいましたが、ツーリングなので既婚・独身は関係なく、バイクにまたがって遠出し、男同士の世界を楽しんでいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.