くらし情報『ホームレス取材歴20年のライターが体験した、西成での過酷な「21時間労働」の実態』

2020年8月17日 11:00

ホームレス取材歴20年のライターが体験した、西成での過酷な「21時間労働」の実態

ホームレス取材歴20年のライター・村田らむさんが上梓した新刊『ホームレス消滅』(幻冬社新書)が話題だ。今回は、村田さんが体当たり取材して目撃したホームレスの暮らしぶりや、日雇い労働者の簡易宿泊施設が集まる“ドヤ街”の実態をレポートする。

ホームレス取材歴20年のライターが体験した、西成での過酷な「21時間労働」の実態
ブルーシートを使って作られたホームレスの住まい。洗濯物が風になびいている写真提供/村田らむ氏■数百人のホームレスが住んでいた上野恩賜公園

僕がライターになってもう20年になる。ライターになった初期のころから、ホームレスを取材対象にしていた。

ライターになる前は、フリーランスのイラストレーターをしていた。インドア派で外にはほとんど出ない生活だった。それがなぜ急にホームレスに興味を持ったかというと、東京に遊びに来た母と、上野恩賜公園へ遊びに行ったのがきっかけだった。

90年代末の上野恩賜公園は、ホームレスたちが数百人テントに住んでいた。見渡す限り人が住んでいた。僕は、初めてみる光景に度肝を抜かれてしまった。

「話を聞いてみたい……」

と思ったのだが、イラストレーターが興味本位で話しかけるのもなんか違うと思った。それでライターになって、改めて話を聞くことにしたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.