くらし情報『炎上中の《旅館の料理が多すぎる》問題は「おもてなし」か「時代遅れ」か』

2020年8月13日 20:00

炎上中の《旅館の料理が多すぎる》問題は「おもてなし」か「時代遅れ」か

炎上中の《旅館の料理が多すぎる》問題は「おもてなし」か「時代遅れ」か
※写真はイメージです
このコロナ禍、「特別な夏」が始まった。

今年は帰省や遠方への旅行を控える人も多く、毎年この時期には人で溢れかえる新幹線の駅のホームも空港もガラガラ、高速道路の大渋滞も見られない。花火大会もなければ、夏祭りもない。

観光スポットは“混雑”とはほど遠く、それに伴い各地の旅館やホテルなども悲鳴をあげている状況だ。ただ、Go To トラベルキャンペーンや夏休みの影響で、例年通りとは行かないまでも、徐々に客足を戻しつつあるところも。

■温泉宿でのツイートが炎上中

そんな中、万座温泉のとある旅館を訪れた男性のツイートが物議を醸している。

〈Go Toでちょっと高い旅館に泊まったら、大失敗――〉

その男性はテーブルいっぱいに並べられた料理の写真とともに、多すぎて食べられない旨をツイート。利用した宿のメインターゲットが“シニア層であるはず”と伝え、

〈つまり廃棄前提(としか思えないし、実際にかなりの廃棄が出ているはず)。不味くはないけど、体験価値としては……〉

と言葉を続けた。このツイートは瞬く間に拡散され、「旅館の料理」「万座温泉」といったワードのほか、なんと「廃棄前提おじさん」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.