くらし情報『高橋一生がドラマ不振ですがる、“伝説の開運仙人”を直撃「子どもをどんどん作れ」』

2020年8月18日 17:00

高橋一生がドラマ不振ですがる、“伝説の開運仙人”を直撃「子どもをどんどん作れ」

高橋一生がドラマ不振ですがる、“伝説の開運仙人”を直撃「子どもをどんどん作れ」
高橋一生
双子の兄弟が家族を死に追いやった大企業社長に復讐するサスペンスドラマ『竜の道二つの顔の復讐者』(フジテレビ系)。高橋一生と玉木宏がW主演することでも話題のドラマが、3か月半遅れでようやく放送開始になったのは7月28日。コロナの影響で撮影中断になっていたからだ。

「同じようにコロナの影響を受けたドラマが次々と放送をスタートさせる中、『竜の道』は出演者のスケジュールの調整が難航して、この時期までずれ込んだそうです」(ドラマ制作会社関係者)

満を持しての初回だったが、視聴率(関東圏)は9・1%と1ケタ発進。その後も第2話が6・9%、第3話は7・3%と高橋、玉木という人気俳優ふたりをそろえた作品にしては、少々寂しい数字のような気もするが……。

「見ている人からの評判は、すごくいいんですけどねぇ(苦笑)」(同・ドラマ制作会社関係者)

■高橋が頼にする人物とは?

コロナにさんざん振り回されたあげく、フタを開けたら大苦戦と踏んだり蹴ったりな高橋。そんな彼がこうした壁にぶつかったときに、必ず頼るある人物がいるという。

「都内にある印鑑屋の店主なんです。前回の東京オリンピック以前からやってる古い印鑑屋で」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.