くらし情報『眞島秀和がコロナ感染も『麒麟がくる』撮影は止めない、NHKが打ち出した“秘策”』

2020年8月20日 21:00

眞島秀和がコロナ感染も『麒麟がくる』撮影は止めない、NHKが打ち出した“秘策”

眞島秀和がコロナ感染も『麒麟がくる』撮影は止めない、NHKが打ち出した“秘策”
眞島秀和
6月14日の放送休止から実に2か月半─8月30日に放送再開が決まったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。だが、ファンも待ち望んだリスタートを前にして恐れていた事態が起きてしまった。主要キャストのひとり、細川藤孝役の眞島秀和の新型コロナ感染が明かされたのだ。NHK関係者がため息を漏らす。

「発表になる数日前に、急に撮影が飛んだんです。“誰かが感染しちゃったらしい”とスタッフの間ですぐに話が出て……。眞島さんは現場では入念なアルコール消毒はもちろん、フェイスガードもしていましたし。日常生活も相当に気をつけていたそうですが……。“あれだけ厳重にやっていたのに”と、驚きを通り越して諦めの境地です」

別のNHK関係者は、

「眞島さんは寡黙そうに見えて話し上手、聞き上手なんです。主演の長谷川博己さんが撮影になると役に入り込んじゃって雑談もしなくなるタイプなので、眞島さんがいてくれると撮影が和やかに進むんです。早く戻ってきてほしいけど」

■濃厚接触者はいないというが…

眞島は現在も隔離療養中だというが、発熱もおさまり快方に向かっているという。また眞島が最後に撮影に参加したのは発症の1週間ほど前でスタッフや共演者に濃厚接触者はいなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.