くらし情報『浮気相手の子どもを無断で堕胎!卑怯な外科医、研修医時代の「ゲスな過去」』

2020年8月18日 05:00

浮気相手の子どもを無断で堕胎!卑怯な外科医、研修医時代の「ゲスな過去」

とのことで、医師の立場を悪用すれば、人目につかない診察室で犯行は可能だった。

なぜ、人の命を守る立場の人間がこんなことをしたのか。

事件後の報道では、藤田容疑者は堕胎した子どもの父親らしいことが判明した。しかし、彼にはその女性のほかに、同棲中の婚約者がいたという─。

■看護師と婚約中だった

岡山県で生まれ育った藤田容疑者。父親と兄も医師という優秀な一家だ。

「ご兄弟そろって頭がよく礼儀正しい。家族仲もよさそうでしたね」(実家の近隣住民)

生家があるのは小高い丘の上にある閑静な住宅街。10年ほど前に若くして母親が亡くなり、子も巣立ったことでひとり暮らしとなった父親は2~3年前に引っ越した。生家は現在、空き家となっている。

父親が医院を経営しており裕福な家庭だったようで、前出のスタバの元同僚は、

「医学部の勉強が忙しかったみたいで、シフトが入っていたのは週に2回くらい。香川県の大学で学生のひとり暮らしでしたが、フジコさんの部屋は60平方くメートルらいのファミリー向けマンション。テレビも大きかったです」

と、悠々自適な藤田容疑者の学生生活を振り返る。

「バイト中、私がバタバタしているとき、知らない間に注文の品を作ってくれて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.