くらし情報『眞島秀和、大森南朋、西島秀俊、女性を夢中にさせる「かわおじ」人気の秘訣』

2020年8月20日 18:00

眞島秀和、大森南朋、西島秀俊、女性を夢中にさせる「かわおじ」人気の秘訣

眞島秀和、大森南朋、西島秀俊、女性を夢中にさせる「かわおじ」人気の秘訣
左から大森南朋、西島秀俊、眞島秀和
放送中のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で、家政夫役を演じる大森南朋に癒される女性が続出している。8月13日からは『おじさんはカワイイものがお好き。』(日本テレビ系)がスタートするなど、昨今“かわおじ”系作品が増加中だ。背景には、新時代の価値観も関係しているようで……。

■かわいいおじさんが
芸能界を制する!?

8月11日に放送されたTBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(以下、『わたナギ』)の第6話の視聴率が番組最高となる16・0%を記録。回を追うごとに視聴率をアップさせている。

「原作は電子書籍配信サイト『コミックシーモア』で連載中のウェブ漫画。製薬会社で働く、家事と恋が苦手なキャリアウーマンが家政夫を雇ったことで振り回されるというストーリーのラブコメディーです」(テレビ誌ライター)

コメディーに定評のある多部未華子の演技力はもちろん、映画『アウトレイジ 最終章』などハードボイルドな役のイメージが強い大森南朋が、キュンとするかわいい家政夫を演じているのも人気の秘密。

「放送後、SNS上には《大森さんに癒される》といった意見が殺到するなど、ナギサさんのキャラクターが女性にウケています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.