くらし情報『男女200人に聞いた、トリハダものの「私が体験したゾッとする心霊現象」』

2020年8月23日 16:00

男女200人に聞いた、トリハダものの「私が体験したゾッとする心霊現象」

男女200人に聞いた、トリハダものの「私が体験したゾッとする心霊現象」
高知県室戸市の廃墟に残されたマネキン。場所柄だろうか、どことなく不気味さをかもし出している
調査によると「心霊スポットや幽霊が出るといわれる場所に行ったことがある」と答えた人は200人中37人。うち「心霊体験や怖い思いをしたことがある人」は14人だった。(※アイ・リサーチ調べ)

彼らの体験した心霊現象とは……。

■全国から届いた心霊体験

「心霊スポットに車で行ったとき、ボリュームを0にしていたのに、車の中から知らない音楽が急に流れ出した。車を発進させたら音楽は消え、ボリュームを上げたら自分が流していた音楽が流れ出した」(33歳・男性)

沖縄県屈指の心霊スポットで肝試しをしたときの話を聞かせてくれたのは大城緑さん(30代・仮名)。

そこは営業当時から奇妙な現象が後を絶たなかったという噂が残るダンスホールの廃墟だ(現在は解体ずみ)。

「真っ暗な建物の2階の窓からぼんやりとした白いものがこちらを見ていました。それが白いワンピースの女性だとわかると一気に恐怖が全身を駆け巡り、鳥肌が立ちました。それは明らかに人ではありませんでした。彼女の存在は警告のようにも感じ、慌てて来た道を戻りました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.