くらし情報『山下智久「活動自粛」処分の発表が遅かった理由と、亀梨和也より低い危機管理能力』

2020年8月19日 04:00

山下智久「活動自粛」処分の発表が遅かった理由と、亀梨和也より低い危機管理能力

山下智久「活動自粛」処分の発表が遅かった理由と、亀梨和也より低い危機管理能力
(左から)山下智久、亀梨和也
長い、説明のない沈黙の後に発表された処分だった。

文春オンラインが、俳優の山下智久(35)とKAT-TUNの亀梨和也(34)が、未成年女性と飲み会を開き、さらに山下が、未成年女性をホテルの部屋に“お持ち帰り”したと報じたのは今月7日のこと。

そのニュースを後追いするスポーツ紙もテレビもないまま、不気味な沈黙が過ぎた17日夜、2人が所属するジャニーズ事務所が処分を発表した。

山下は「一定期間」の活動自粛、亀梨は厳重注意の上、書面による反省となった。

両者の処分の違いになったのは、山下の“お持ち帰り”。ホテルの部屋で何があったのかは当事者同士にしかわからないが、8時間にわたり17歳の女子高生といた事実は重い。

「ジャニーズ事務所としても、できるだけ早く処分を発表したかったが、それがなかなかできなかった。というのも、“続・文春砲”を恐れていたのではないでしょうか。17日の夜に処分を発表したのは、19日に発売される週刊文春の締切日に、山下の続報が入ってないという情報を入手したからでしょう」

とテレビ局関係者。

スポーツ紙芸能記者は、ジャニーズ事務所が発表した文書の老獪(ろうかい=悪がしこいさま)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.