くらし情報『田中みな実や浅田舞も悩む「きょうだいコンプレックス」克服法と親側の心構え』

2020年8月27日 16:00

田中みな実や浅田舞も悩む「きょうだいコンプレックス」克服法と親側の心構え

田中みな実や浅田舞も悩む「きょうだいコンプレックス」克服法と親側の心構え
きょうだいコンプレックスに悩んだという(写真左から)有村藍里、田中みな実、浅田舞、武田鉄矢
「今年のお盆は帰らないですんでホッとしました。不謹慎かもしれないけど、妹と顔を合わせるのは、私にとってコロナ並みにきついので」

そう話すのは、都内で団体職員として働く40代女性。コロナ対策との口実で、東京から特急で2時間の場所にある実家への帰省を“自粛”した。母親から『オンライン帰省』してはどうか?とも言われたが、やんわりと断った。

「オンライン帰省の段取りを長女の私にやらせようって魂胆ですよ。家の手伝いも、夫婦ゲンカの仲裁も、昔から面倒なことは私にばかり押しつけてきたんです。勉強のプレッシャーもすごかったのに、なぜか3つ下の妹は野放し。のびのび育って、社交的で甘え上手。そんな妹と比べては落ち込んで、みじめな気持ちになってしまうんです」

■“自分は劣っているダメな人間だ”と思う

この女性のように、きょうだいとの関係に、言い知れぬ息苦しさや葛藤を抱えている人たちは少なくない。

「幼いころから母に、優等生の姉と常に比較されてきました。姉は学区内でいちばん出来のいい高校、私は2番手だったので“お姉ちゃんは名門校なのに”と言われ続けたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.