くらし情報『瀬戸康史、公私ともに充実! 芸能界デビュー15年で感じた「心と身体の変化」』

2020年8月25日 20:00

瀬戸康史、公私ともに充実! 芸能界デビュー15年で感じた「心と身体の変化」

瀬戸康史、公私ともに充実! 芸能界デビュー15年で感じた「心と身体の変化」
瀬戸康史撮影/矢島泰輔
『リング』などで知られる世界的なホラー映画の鬼才・中田秀夫監督の最新作に出演する瀬戸康史。10月からは続編となるドラマ『ルパンの娘』への出演が決まるなど俳優として多忙な一方、私生活では結婚を発表したばかり。公私ともに充実の彼の胸中を聞いてみた。

■芸能界デビューしてから15年

「ホラー作品の撮影現場って怖いイメージを持つ方もいらっしゃいますが、まったくなかったんです。普段の作品よりにぎやかなんじゃないかなってくらい雰囲気がよかったんです。亀梨(和也)さんとのシーンが多く、初めて共演させていただいたんですが、不思議とそんな感じがしないくらい演じやすかったんですね。今回の役は関西弁で、コントのシーンでは監督からの無茶ぶりやアドリブの場面が多かった。でも、亀梨さんが関西弁でリードをしてくれて、それがめちゃくちゃありがたかったです」

殺人・自殺・火災などによる死亡事故などがあったいわくつきの部屋“事故物件”。そこに住み続ける芸人・松原タニシの実体験を映画化した本作で、瀬戸は亀梨演じる主人公とコンビを組む芸人・中井大佐を熱演。

’05年に芸能界デビューしてから15年。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.