くらし情報『香取慎吾と稲垣吾郎、7年ぶりの共演で話題!三谷幸喜ドラマの撮影現場に潜入』

2020年8月31日 11:00

香取慎吾と稲垣吾郎、7年ぶりの共演で話題!三谷幸喜ドラマの撮影現場に潜入

香取慎吾と稲垣吾郎、7年ぶりの共演で話題!三谷幸喜ドラマの撮影現場に潜入
稲垣吾郎(左)と香取慎吾(右)撮影/山田智絵
9月18日(金)から配信される、三谷幸喜脚本・演出×香取慎吾主演のAmazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』。香取が演じる、ありえない失敗ばかりだけどどこか憎めない超絶愛されキャラの主人公と、三谷が手がける思いがけない“仕掛け”がどんなミラクルを起こすのかと、早くも期待の声が。本誌はそのロケ現場に潜入。

そこにいたのは黄色のつなぎにおかっぱ頭の慎吾ちゃん、そして、吾郎ちゃんの姿も……!?いつものドラマや映画の収録現場とはまたちょっと違う、緊張感と笑いに包まれた現場の様子をレポートします!

スタジオには、舎人の部屋と隣人・粕谷の部屋のセットが。三谷監督の映画『記憶にございません!』の首相官邸のシーンや、黒澤明監督の『どん底』なども撮影されたスタジオだとか

本番前には自らマイクを持ち、“観客”を笑わせた三谷。まるでショーのよう!「舎人真一というキャラクターを世界に広めていきたい!」と意気込みも

撮影が行われていたのは、冬。ダウンを着て待機中。「昨日リハーサルをして、今日が本番。普通の舞台なら1か月くらい稽古するのに(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.