くらし情報『はあちゅうも被害、マタニティマークを狙う卑劣な犯行「妊婦が悪いとさえ言われる」』

2020年8月27日 05:00

はあちゅうも被害、マタニティマークを狙う卑劣な犯行「妊婦が悪いとさえ言われる」

はあちゅうも被害、マタニティマークを狙う卑劣な犯行「妊婦が悪いとさえ言われる」
マタニティマークをつけていても席を譲ってもらえないことは少なくない……※写真はイメージです
6月23日、北海道札幌市の路上で20代の妊婦の腹部を足で蹴ったとして、男性A(事件当時51)が暴行の疑いで逮捕された。

■悪質極まりない、妊婦だとわかっての犯行

「事件は今年4月に起きました。女性は妊娠7か月。7歳と5歳の子どもを連れて歩いていたところ、Aが“道を塞いでいて邪魔だ”と言いがかりをつけてきたそうです」(全国紙社会部記者)

被害女性が言い返すと、Aは逆ギレ。暴力を振るった。幸い、胎児に影響はなかったが、妊婦だとわかっての犯行。実に悪質極まりない。

この卑劣な犯行に社会の怒りは一気に燃え上がった。同時にSNSなどで妊娠中に受けた暴力や暴言などの被害を母親たちが明かし始めた。キャリアコンサルタントとして働く境野今日子さん(28)も、そのひとりだ。

「私が怖い思いをしたのは、今年1月のことでした」

時間は午後10時ごろ。ほぼ満員状態の電車の中での出来事だった。

「仕事が終わるのも遅く、つわりできつかった」

妊娠4か月の境野さんはつり革につかまり、立っていた。すると目の前の座席の女性がカバンのマタニティマークに気がつき、席を譲ろうと持ちかけてくれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.