くらし情報『芸能人の引き際の美学、もっとも美しかった山口百恵から“逃亡引退”まで』

2020年8月28日 17:00

芸能人の引き際の美学、もっとも美しかった山口百恵から“逃亡引退”まで

芸能人の引き際の美学、もっとも美しかった山口百恵から“逃亡引退”まで
(左上から時計回りで)押尾学、山口百恵、吉澤ひとみ、山口達也、森且行、安室奈美恵、木下優樹菜、島田紳助
上半期だけで多くの有名人が引退を発表した2020年。元AKB48の渡辺麻友など、まだ人気のさなかにいるアイドルが突然引退を発表する一方で、木下優樹菜のように、雲隠れ同然の去り方をする人も。週刊女性連載陣の芸能ウォッチャー宝泉薫がこれまで引退したあの人たちの去り際をプレーバック!

■最も美しい芸能界引退とは

芸能史上、最も美しい引退をしたのは誰か。そんなアンケートをしたらいまだに1位は山口百恵だろうか。歌手としても女優としても脂ののりきっていた21歳のとき、

《愛する人が最も安らぎを感じる場所になりたかった》(自叙伝『蒼い時』より)

として、結婚とともに家庭に入ることを決断。引退コンサートでは最後にマイクを置いて去るというけじめのパフォーマンスを行い、それ以降、復帰はしないというスタンスを継続している。こうして自らの引退を美しい「作品」にしたのだ。

そんな彼女の成功は、一種の流行を生んだ。都はるみや森昌子も寿引退(都は事実婚)で続こうとしたし、それを夢見て泥沼にハマったのが中森明菜だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.