くらし情報『田中みな実を輩出した青学ミスコンが盛り上がる陰で、消費されてく「女子大生たち」』

2020年9月21日 11:30

田中みな実を輩出した青学ミスコンが盛り上がる陰で、消費されてく「女子大生たち」

田中みな実を輩出した青学ミスコンが盛り上がる陰で、消費されてく「女子大生たち」
SNSでも話題!『青山ミスコン2020』(公式ツイッターより)
各大学が秋学期もオンライン授業の展開を発表し、一年で一番盛り上がる行事である文化祭も、史上初のオンライン開催が検討されている中、今年は青山学院大学のミスコンがSNSを中心に盛り上がりを見せている。

そもそもミスコンがSNSのタイムラインを埋めるようになったのはいつからだろうか。なぜ彼女たちは長時間ライブ配信をし、SNS上で一般人にもリプライ(返答)を返すのか。

■ミスコン運営は「大学非公認」?

去年は慶應義塾大学の不祥事などもあり、年々立場が危うくなっているミスコン。同じ大学内でミスコン団体が2つ立ち上がった上に、ファイナリストからのセクハラ被害も報道され、ネットを大きく騒がせた。しかし、今年の『ミス青山コンテスト 2020』は、非常にスタンダードな盛り上がりを見せている。

《ファイナリストたちのレベル高すぎ》

《こんなの全員かわいくて選べないだろ》

と、出場者の顔面偏差値の高さがネットでは話題になっているのだ。毎年ミスコンの金字塔として話題にはなりやすい青学だが、なぜここまでレベルの高い女性が揃うのか。この問題について考察する前に、そもそも「ミスコンとはどうして行われているのか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.