くらし情報『青木さやかが離婚を経て“生き直し”を決意した理由「娘を褒めることが難しかったの」』

2020年9月2日 21:00

青木さやかが離婚を経て“生き直し”を決意した理由「娘を褒めることが難しかったの」

青木さやかが離婚を経て“生き直し”を決意した理由「娘を褒めることが難しかったの」
対談したたかまつななと青木さやか
「どこ見てんのよ!」と勢いよく言い放つ“キレキャラ”で一世を風靡(ふうび)した、お笑いタレントの青木さやかさん(47)。現在はドラマや舞台への出演から情報番組でのレポーター、ユーチューブチャンネルの運営まで、幅広く活躍中だ。メディアで見る姿は“強い女性”というイメージがあるかもしれないが、母親との確執、自身の離婚、シングルマザーとしての日々など、プライベートは何かと大変だった。だが、青木さんは子育てと真剣に向き合うなかで「生き直し」を決意したという。その経緯や複雑だった親子関係、母として愚直に生きる姿勢をたっぷり語ってもらった。

■贅沢をしたかった自分、嫌がった元夫

もともとは女子アナウンサーに憧れていたものの、叶(かな)わなかったという青木さん。かつてアルバイトもせずパチンコに通い、消費者金融にも手を出して100万円を超える借金があるなかで、芸人としてなんとかして売れた。テレビ番組などでは、自分よりもキラキラして見えた女子アナに、よくキレていた。

「デビュー当時は、自分がなれなかった女子アナや、ほかにも自分にないものを持っている人に対して怒ってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.