くらし情報『米津玄師、大麻で逮捕されたスタイリストの“後任”がクビになっていた事情』

2020年8月28日 05:00

米津玄師、大麻で逮捕されたスタイリストの“後任”がクビになっていた事情

米津玄師、大麻で逮捕されたスタイリストの“後任”がクビになっていた事情
米津玄師のニューアルバム『STRAY SHEEP』
8月5日に発売されたニューアルバム『STRAY SHEEP』が、男性ソロアーティストとしては約16年ぶりにミリオン達成という快挙を成し遂げた米津玄師。そんなヒット作の発売が決定していた7月に、彼に関わるとある“事件”が──。

「アルバムにも関わっていたスタイリストの島田辰哉さんが、自宅で大麻を所持していたとして大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕されました。調べに対しては“自分で使うために持っていた”と供述していたようです」(スポーツ紙記者)

■師匠にあたるスタイリストが尻拭いを買って出たが

島田氏は、ファッション業界では広く知られる“売れっ子”スタイリストだった。

「交友関係も広く、業界的には以前から有名でしたが、米津さんの大ヒット曲『Lemon』に携わったことで一躍人気になりました。彼との縁で、’18年、’19年と2年連続で紅白歌合戦に出場し、『パプリカ』を歌った『Foorin』(フーリン)のスタイリングも担当しています。Foorinは米津さんが作詞・作曲、プロデュースを担当するユニットです。パプリカはNHKの東京五輪応援ソングにもなっていましたからね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.