くらし情報『内海桂子さん、24歳年下マネージャー夫と2人でつないだ「100歳まで現役」の夢』

2020年9月1日 11:00

内海桂子さん、24歳年下マネージャー夫と2人でつないだ「100歳まで現役」の夢

内海桂子さん、24歳年下マネージャー夫と2人でつないだ「100歳まで現役」の夢
2017年、三越劇場で当時94歳とは思えないほど力強く三味線を弾いていた内海桂子さん
「死んだら終わりってことはないですよ。人は死んだ後も生きた証を残すから、歴史が積み重なっていく」

そう週刊女性に語っていた内海桂子さん。8月22日、多臓器不全のため都内の病院で息を引き取っていた。その人生は波瀾万丈のひと言。

「1922年に千葉の銚子で生まれました。家計を支えるため、小学校を3年生で中退し、働き始めたそうです。12歳のときに母親のすすめで三味線と踊りを習い始め、稼いだ少ない給料から月謝を払っていた」(スポーツ紙記者)

16歳で漫才師としてデビューしたが……。

「桂子師匠は当時、珍しかったシングルマザーのはしりでした。19歳のときに相方芸人の子どもを出産。24歳のときには別の男性との子どもを出産。1人目は妻子持ち。2人目は働かず、桂子師匠の稼ぎを覚せい剤に使ってしまうようなダメ男。だから女手ひとつで子育てすると決めたが、空襲で演芸場が焼けてしまった。それで団子を売ったり、キャバレーで女給をしたり、子どものためには何でもやったそうですよ」(同・前)

戦火を乗り越え“シンママ”として子育てをしながら力強く働いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.