くらし情報『中村倫也、ブレイク前は俳優をやめたくなったことも「いっぱいあった」』

2020年9月3日 16:00

中村倫也、ブレイク前は俳優をやめたくなったことも「いっぱいあった」

中村倫也、ブレイク前は俳優をやめたくなったことも「いっぱいあった」
中村倫也撮影/伊藤和幸
衣食住がしっかりと保証され、セックスで快楽を貪る日々を送ることもできる。足を踏み入れる際は自分の意思だが、決して離れることはできない……。

「物語として、この『人数の町』がどんなふうに受け取られるのか、楽しみです。すごく言葉が難しいんですけど、この映画が話題になりすぎても怖いな、と(笑)」

■なんだかんだ
十分幸せなんです

借金で首がまわらなくなった男・蒼山(中村倫也)は、そんな不思議な町の住人に。最初こそお気楽に暮らしていたが、徐々に感じるざらりとした違和感。この町に潜む謎を探っていく……。

「僕はぶっちゃけ(人数の町を)ユートピアともディストピアだとも思ってないですね。僕は俳優なので、勤めているわけでも、組織の中でやりたくもないことをやらされているわけでもない。きっと世の中とは感覚が違うだろうし、そのズレが怖いとも思っていて。だから世の中の反応が気になるし、そこで僕も学びたいんです」

もし、目の前に“人数の町”への案内人が現れたらどうする?

「“あんた、誰?”って思いますね(笑)。チープなたとえですけど、洋服屋さんで“この色、売れてるんですよ”“私も持ってるんです”って言われたら、“ほっとけよ”と思うのと同じで(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.