くらし情報『香取慎吾と三谷幸喜「みんなに“もういい!”って言われるまでやってみたい」』

2020年9月14日 11:00

香取慎吾と三谷幸喜「みんなに“もういい!”って言われるまでやってみたい」

香取慎吾と三谷幸喜「みんなに“もういい!”って言われるまでやってみたい」
三谷幸喜と香取慎吾撮影/廣瀬靖士
’04年の『新選組!』をはじめ、数々の作品でタッグを組み話題を呼んできた三谷幸喜と香取慎吾。今回、2人が送るのは、『奥さまは魔女』などに代表される同じセットと主要キャストで物語を繰り広げる“シットコム”と呼ばれるシチュエーションコメディードラマ『誰かが、見ている』。本作への思いから、2人しか知らない隠れた素顔まで語り合ってもらいました!

■役者・香取慎吾の素晴らしさ

香取三谷さんとシットコムというジャンルをやるのは『HR』というドラマ以来で、あれが15年以上前……。

三谷『新選組!』の前ですから18年前ですね。

香取もうそんなになりますか!  『奥さまは魔女』など有名な作品は子どものころから少しは知っていましたが、シットコムという作品がどういうものかというのを『HR』で三谷さんに教えていただきました。

三谷シットコムは、別にお客さんの前でやらなければいけないとか、そういう決まりはないんです。でも、今回、撮り方はドラマなんですが、現場にお客さんがいるんです。

香取5mぐらい先……もうちょい近いかな。

三谷2、3m先くらいですかね。お客さんがいてその人に向かって芝居をしなければいけない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.