くらし情報『伊勢谷友介の大麻逮捕で勃発、かつて木村拓哉も“被害者”「作品無罪」論のご都合』

2020年9月11日 21:00

伊勢谷友介の大麻逮捕で勃発、かつて木村拓哉も“被害者”「作品無罪」論のご都合

伊勢谷友介の大麻逮捕で勃発、かつて木村拓哉も“被害者”「作品無罪」論のご都合
2018年、足を骨折した伊勢谷友介
俳優の伊勢谷友介が自宅で大麻を所持していたとして、9月8日に大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕された。当初は「何も言えない」と供述していたという伊勢谷だが、現在は取り調べに対して所持・使用を認めているようだ。

人気俳優の逮捕劇に、逮捕翌日の情報番組やワイドショーでは彼の経歴や人柄など、関係者の証言を交えながら番組を構成。それに対して、番組コメンテーターが意見を言うのだが、多数の出演作を抱える伊勢谷だけにやはりというか、あの“議論”にも及んだ。

「罪を犯した個人と、俳優として関わった作品とは別に考えるべきだという、いわゆる“作品に罪はない”論争です。そもそも多くの制作費をつぎ込んでいるわけで、テレビ局や映画配給会社にしてみれば、たった1人の出演者の不祥事で“自粛”か否かの判断に頭を悩ませられるわけです」(スポーツ紙記者)

■かつては木村拓哉の作品も

近年では、昨年3月12日に麻薬取締法違反で逮捕されたピエール瀧。出演していたNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』は降板となり、急遽、代役が立てられた。また映画『アナと雪の女王』『アナと雪の女王2』でも同様の措置が取られた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.