くらし情報『古市憲寿、安倍昭恵夫人ら女性権力者を次々と味方につけるヤバい“コミュ力”』

2020年9月12日 22:00

古市憲寿、安倍昭恵夫人ら女性権力者を次々と味方につけるヤバい“コミュ力”

しかし、いるところにはいるものです。新進気鋭の社会学者としてデビューした古市憲寿氏はTwitterのフォロワー数が34万人超とネットでの支持者が多く、現在ではワイドショーのコメンテーターやバラエティー番組にもひっぱりだこ。それは古市氏がテレビとネットで受ける要素を半分ずつ持っているからだと思うのです。

古市氏がテレビ受けする要素を書き出してみましょう。

■高学歴である(慶応義塾大学から東京大学大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻 相関社会科学コース修士課程修了)
■権威ある賞を受賞している(文部科学省の外郭団体である「日本学術振興会」育志賞受賞)
■おクニの役員も務めている(内閣府「パラダイムシフトと日本のシナリオ懇親会」メンバーなど)

人は誰しもバイアスをかけて物事を見ていますから、こういう権威がずらっとならぶと視聴者は「頭のいい人が言うことは、本当だ」という先入観を抱きがちです。古市氏が言うことは「本当っぽく」聞こえるわけですから、テレビ向きの人だと言えます。■ネット民に受ける非リア充ぶりや悪口

しかし、同時に古市氏はネットの申し子のような部分もあるのです。

■恋愛至上主義ではない

テレビに出ることで人気者になった古市氏が、アイドルの彼女でも作ろうものなら、成功者同士の組み合わせで、面白くもなんともないでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.