くらし情報『斉藤由貴の不倫発覚釈明会見からみる、不倫しても「叩かれづらい人」の特徴』

2020年9月22日 17:00

斉藤由貴の不倫発覚釈明会見からみる、不倫しても「叩かれづらい人」の特徴

斉藤由貴の不倫発覚釈明会見からみる、不倫しても「叩かれづらい人」の特徴
不倫発覚釈明会見での斉藤由貴(’17年)
世の中には、叩かれる不倫と、そうでもない不倫が存在する。

■不倫しても叩かれづらい斉藤由貴

前者に比べ、後者は珍しいが、そのレアケースが斉藤由貴(53)だろう。2017年に世間をにぎわせた不倫は、24年ぶり3回目。甲子園の出場校紹介みたいだが、実際、不倫界の強豪だ。その相手も最初が尾崎豊で2度目が川崎麻世と、なかなか豪華。おかげで川崎の妻だったカイヤがブレイクしたりした。一般人の医師が相手だった3度目でも、彼がパンティーをかぶった写真が流出するというインパクト大のエピソードが飛び出したものだ。

とまあ、派手な不倫を繰り返しつつ、今も女優として活躍中。現在は『警視庁・捜査一課長2020』(テレビ朝日系)『竜の道 二つの顔の復讐者』(フジテレビ系)にレギュラー出演している。

この打たれ強さ(?)はどういうことなのか。その鍵となるのが、2度目の不倫のとき、彼女が会見で口にした言葉だ。

「前の人とのことがあったにもかかわらず、本当に学ばない人間なんだなと自分のことながら悲しい気持ちです」

自嘲まじりの反省の弁だが、注目したいのは「学ばない」という表現。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.