くらし情報『斉藤由貴の不倫発覚釈明会見からみる、不倫しても「叩かれづらい人」の特徴』

2020年9月22日 17:00

斉藤由貴の不倫発覚釈明会見からみる、不倫しても「叩かれづらい人」の特徴

これは芸能人の場合、必ずしもマイナスなことではない。というのも、人間は現実を学ぶことで夢をあきらめる。いわば、ロマンチストではいられなくなり、夢を見せる力も衰えがちだ。

それゆえ、長く活躍する芸能人にはロマンチストであり続けるタイプが多く、そのなかに不倫を大目に見てもらえる人がときどきいる。例えば、火野正平。“昭和のプレーボーイ”と呼ばれ、どの愛人からも恨まれていないというレジェンドだ。

彼は今、旅番組で自転車に乗りながら、昆虫を見つけて大はしゃぎしたりしている。旅先で近寄ってくる女性には「俺と握手すると、妊娠するぞ」などと相変わらずスケベなことも言うのだが、このどこか“永遠の少年”っぽいところが、不倫でもプラスに働いてきたのだろう。

また、コロナ禍での不祥事ですっかり落ちぶれた石田純一にしても、不倫からは復活できていた。これは周囲に乗せられて都知事選に出馬しそうになるような無邪気なロマンチシズムが意外とニクめなかったからかもしれない。

斉藤にも“夢見る夢子ちゃん”みたいなところがあり、それは一貫して変わらない。10代から20代にかけて何度か取材した際、彼女は文学や映画に描かれる背徳への憧れをよく口にした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.