くらし情報『加山雄三、デビュー60周年の裏で頓挫していた「帰ってきた若大将」計画』

2020年9月18日 11:00

加山雄三、デビュー60周年の裏で頓挫していた「帰ってきた若大将」計画

加山雄三、デビュー60周年の裏で頓挫していた「帰ってきた若大将」計画
直撃取材にも快く対応してくれた加山雄三(’16年2月)
実家があったことで名づけられた神奈川・茅ヶ崎の『雄三通り』。それまでは疎遠だった地元の町おこしに、ひと肌脱ごうとしていた矢先だったが……。コロナと病に立ち向かう若大将の胸の内──。

■町おこし頓挫で地元が困惑……

8月29日、誤嚥による嘔吐で緊急入院した加山雄三(83)だが、その後、軽度の小脳出血を起こしていたことが判明。加山は、昨年11月にも軽い脳梗塞を発症している。

「現時点では出血の拡大はなく、容体は安定しておりますが、引き続きの治療と慎重な経過観察が必要であるとのことから、当面の芸能活動を自粛し、治療に専念しております」(所属事務所)

今年、デビュー60周年を迎えた加山は、7月5日には逗子マリーナで生配信無観客ライブを盛大に開催。8月23日には日本テレビ系『24時間テレビ』にも出演。83歳とは思えない意欲的な活動を見せていた中での緊急入院だった。その後、11月7日に予定されていたディナーショーの中止が発表された。

加山は週刊女性既報のとおり、昨年暮れに住み慣れた成城の豪邸を出て、都心のケアハウスに引っ越している。もともと加山が幼少のころから31歳まで過ごしたのは、神奈川・茅ヶ崎だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.