くらし情報『伊勢谷友介、大麻使用は“大学時代”から? 友人が証言する「高い常習性」』

2020年9月15日 05:00

伊勢谷友介、大麻使用は“大学時代”から? 友人が証言する「高い常習性」

このころからすでに、薬物に手を染めていたという声も。

「10年くらい前に、“大学生のときに付き合っていた女性に薬物をすすめてしまったことがある。あのときの彼女には悪いことをした”と話していたことがありました。もし、彼が大学生のときから使い続けていたとしたら、実に20年以上になります。高い常習性が疑われますよね」(伊勢谷の知人)

自身のSNSで大麻について発言していたこともあった。

「’12年2月に《大麻で人生を崩壊させるのは難しいと思うけどな。それならお酒の方が簡単だ》とツイート。まるで使ったことがあるかのような物言いに加えて、ほかにも大麻を肯定する発言をたびたび行っていました」(前出・スポーツ紙記者)

彼の中で麻薬と同様に関心が高かったのが社会活動だ。

「’09年に『株式会社リバースプロジェクト』を設立。“人類が地球で生き残るために何ができるか”というテーマを掲げ、社会活動を行っていました」(同・スポーツ紙記者)

放置された竹林の竹を生かした家具作りや洋服のリサイクルなど、藝大出身らしくアートを通じた活動が多かった。

「伊勢谷さんは“宇宙人から見たら地球人は自らの未来を自ら失おうとしている、愚かな生物に見える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.