くらし情報『ダンプ松本「日本で一番殺したい人間」とまで言われても、“悪役”を背負い続ける理由』

2020年9月27日 16:00

ダンプ松本「日本で一番殺したい人間」とまで言われても、“悪役”を背負い続ける理由

今年5月。ひとりの若手女子レスラーが、ネットの誹謗中傷にさらされて亡くなった。一方、今とは比べものにならないほど熱狂的なブームの最中に、“悪役”を一身に背負っていたレスラーがいる。彼女はなぜ、いまだにリングから降りようとしないのか。彼女の原動力とは、一体なんだったのか―。“女”を描かせたら日本一の作家が、彼女の本質に挑む。時間無制限一本勝負のゴングが鳴った!彼女はなぜ、現役かつ悪役であろうとし続けるのか―。一大ブームの立役者に、気鋭の作家・岩井志麻子が迫った!

ダンプ松本「日本で一番殺したい人間」とまで言われても、“悪役”を背負い続ける理由
プロレスラーダンプ松本さん撮影:森田晃博■あのダンプ松本が還暦

令和2年8月9日。炎天下の、そして非常事態といっていい状況下での新木場の会場。

女子プロレス界の現役にして伝説のダンプ松本が主催する、かつては仇敵、今は盟友の長与千種との、デビュー40周年記念大会が開催された。静かに、粛々と。

新型肺炎感染の恐れがなければ、観客ももっとぎゅうぎゅう詰めで、飛び交う歓声も紙テープもすごかっただろう。けれどその、緊張感がありつつも落ち着いたのどかな雰囲気も、それはそれで始まる前から祝賀気分にはなれた。

「みなさんとこの日を迎えられて、うれしいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.