くらし情報『賀来賢人、かつての貧乏暮らしを支えてくれた福田雄一監督への感謝と恩返し』

2020年9月20日 20:00

賀来賢人、かつての貧乏暮らしを支えてくれた福田雄一監督への感謝と恩返し

7年ぶりに帰ってきた『半沢直樹』(TBS系)の勢いは止まらず、今年の流行語にもなりそうな“恩返し”。半沢を支えるあの人たちはどんな施しを返してきたのかをのぞき見!

賀来賢人、かつての貧乏暮らしを支えてくれた福田雄一監督への感謝と恩返し
20歳のころの賀来賢人。俳優デビューしたばかりで表情が初々しい(2008年)
「ファンの方に恩返しをしたいという気持ちがずっとあった」

7月17日、主演映画『今日から俺は!!劇場版』の初日舞台挨拶で賀来賢人(31)が客席に語りかけた。

■「三橋はミスキャスト」の大合唱だったが…

半沢直樹では歌舞伎役者たちが顔芸を繰り広げる中、笑いなしで半沢の部下を好演した賀来。コメディーからシリアスまで幅広い演技力が光るが、『今日俺』開始当初は“ミスキャスト”の大合唱。

「“三橋のイメージじゃない”“年とりすぎ”など批判の声があり、賀来さんも心配していたようですが、ふたを開けてみれば大ヒット。三橋=賀来賢人となり底力を見せつけました」(テレビ局関係者)

コメディー演技の裏側にはストイックな役作りがあった。

「アラサーで高校生役をやるのは無理があると気にしたようで1週間、水だけを飲むダイエットをして挑んだんです。1日に12リットルの水を飲んで水分量は確保しながら筋肉は落とさずに脂肪だけを落とすという過酷なトレーニング。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.