くらし情報『がんになったら“払わなくていいお金”は意外と多かった! 水道など公共料金の減免も』

2020年9月18日 08:00

がんになったら“払わなくていいお金”は意外と多かった! 水道など公共料金の減免も

がんになったら“払わなくていいお金”は意外と多かった! 水道など公共料金の減免も
※画像はイメージです
「実は、がんの治療による経済的負担をサポートできる公的な助成制度は、意外とたくさんあるんです」

と教えてくれたのは、ご自身も乳がんサバイバーであるファイナンシャルプランナーの黒田尚子さん。

■(1)高額療養費制度と限度額適用認定証

「まず、医療費が高額になった場合は『高額療養費制度』が経済的負担の助けになります。これは、保険が適用される医療費の1か月間の支払いが収入に応じて決められた自己負担額を超えた場合、超えた分が戻ってくる公的助成制度。健康保険や国民健康保険などの公的医療保険に加入している人であれば、誰でも利用できます」(黒田さん、以下同)

ただし、対象となる医療費は、公的医療保険が適用される治療費のみ。保険外負担分(差額ベッド代など)や入院時の食事負担額など、さらに先進医療などの保険適用外の費用については対象外だ。

また、あとから払い戻されるとはいえ、高額の支払いは大きな負担になる。

「窓口での立て替え払いが不要になる『限度額適用認定証』の制度もあります。事前に申請し、病院の窓口に提示しておくことで、退院時に高額療養費の限度額以上の医療費を支払わずにすみます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.