くらし情報『がんになったら“払わなくていいお金”は意外と多かった! 水道など公共料金の減免も』

2020年9月18日 08:00

がんになったら“払わなくていいお金”は意外と多かった! 水道など公共料金の減免も

がん治療を受けたら誰もが申請できる所得補填ではないので、要注意。

同様に、がん治療で身体に障害が残った場合には、税金の減免や交通機関の割引、公共料金の減免などが受けられる場合もある。

「各市区町村が行う『障害者手帳』という公的福祉サービスで、認定されれば福祉サービスや税制優遇が受けられます」

■(5)支払いが免除される制度

障害者手帳は取得できなくても、「国民健康保険」や「国民年金」には収入がない場合の減免制度が設けられている。

「減免手続きをせずに支払いを滞納すれば、いざというときの年金や助成を受けられなくなるおそれも。意外と知らない人が多い制度ですが、支払いに困ったときには手続きを忘れずに」

公的な支払い以外にも、がんと診断されたら支払いが免除されるものもある。

「例えば民間の医療保険に加入している場合、保険料免除特約があれば支払いが免除される可能性が。同様に最近は住宅ローンにも、がんなどの病気になると支払いが免除される『特定疾病団体信用生命保険』つきのものが増えていますので1度、確認を」

■助成の申請は“セルフサービス”と心得て

民間の保険やローンはもちろん、ここで紹介した公的な助成制度は自分から申請しない限り受け取れない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.