くらし情報『「日本一儲ける鉄道会社」JR東海が赤字に大転落、リニア中央新幹線はどうなる?』

2020年9月19日 06:00

「日本一儲ける鉄道会社」JR東海が赤字に大転落、リニア中央新幹線はどうなる?

「日本一儲ける鉄道会社」JR東海が赤字に大転落、リニア中央新幹線はどうなる?
リニア中央新幹線のホームページ
新型コロナウイルスが東海道新幹線を直撃している。同じJR東海の中でも、名古屋近郊の在来線に比べて東海道新幹線の落ち込みが激しい。

JR東海はどれほど東海道新幹線に依存しているのか?また、建設中のリニア中央新幹線はどうなるのか?

■大幅な増収増益から
836億円の赤字へ

新型コロナウイルス以前の2018年度、JR東海の営業収益は1兆8,781億円、営業利益は7,079億円、営業利益率は37.7パーセントだった。利益率が抜群に高く、日本一儲けている鉄道会社である。

同社は、JR東海高島屋などの関連事業でも成功しているが、営業利益の77.8パーセントを運輸業が占めており、その中でも、在来線ではなく、東海道新幹線で莫大な利益を上げている。他のJRも新幹線を運営しているが、東海道新幹線は別格のドル箱路線だ。

そんなJR東海が、2020年度の第1四半期(4~6月)に、836億円の赤字(営業損失)を出した。

JR東海が赤字に転落する状況で、他の鉄道会社は存続できるのか。新型コロナウイルスが及ぼす経済危機、直視したくない現実が数字になって表れ始めている。

ちなみに、同社の前年度の第1四半期の営業利益は2,062億円で、大幅な増収増益だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.