くらし情報『木村拓哉を悩ますKoki,の“進路”、「国内大学行けない」で目指すは“ハリウッド”』

2020年9月25日 05:00

木村拓哉を悩ますKoki,の“進路”、「国内大学行けない」で目指すは“ハリウッド”

■国内の大学を受験できない

一方のKoki,はスクールに在籍したままだ。教育ジャーナリストが解説する。

「この(イギリス系)スクールは、日本に住んでいる外国人の親や、日本人の親が“語学力を高めたい”“視野を広げさせたい”などの理由から、子どもを通わせるようなインターナショナルスクールとは少々異なります。特にイギリス国籍を持ち、大使館務めや仕事関係で短期的に来日している方が、子どもを通わせる、本当の“外国人専門スクール”と言った方がわかりやすいでしょうか。

よってカリキュラムはイギリス本国の教育に沿ったもので、国際的な認定組織(WASCやCISなど)の認可を受けておらず、また世界共通の大学入試資格につながる教育プログラム『国際バカロレア』認定校ではありません。

つまり一部で取り入れられている帰国子女枠や、学部による特例条件を除き、日本の大学を一般受験することができない現状もあるということ。稀にこのことをご存知ない国内進路希望の父兄もいらっしゃるので、事前にチェックすることをお勧めします」
もちろん、高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格すれば国内大学への道が開けるのだが、Koki,の同級生たちはそれを実践するのはほぼ皆無。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.