くらし情報『ジャニーズ事務所の求人情報が“残業無双”で「非常に“ブラック”を感じさせる」』

2020年9月25日 21:00

ジャニーズ事務所の求人情報が“残業無双”で「非常に“ブラック”を感じさせる」

エンターテイメントの世界では、世間に名の通った企業でも、このような勤務体系がはびこっている。違法性のある求人をなぜいくつかの有名企業が出しているのだろうか。何か抜け道のようなものでもあるのだろうか……。

「抜け道のようなものはありませんね。違法となる可能性が高いと思います。2019年4月に改正労基法が施行されるまでは、今より多くの有名企業が45時間以上の固定残業代を設定していました。現在も変わらずに45時間以上に設定している企業は、法改正後も“そのままいってしまえ”という感覚なのではないでしょうか。ほかにも同じような企業があるので、問題にならないと考えているのかもしれません」(三浦弁護士)

条文上は罰則があるものの、労働基準監督署の慢性的な人手不足などもあり、指導に動くことはまれだという。前出の三浦弁護士が続ける。

「“月45時間・年360時間”という残業時間の上限を罰則付きで設けて、長時間労働や過労死を防ごうと日本全体が取り組んでいます。2019年4月の改正労基法の施行で上限ができたことで、このような求人を出す企業は減ってきている印象でしたが、世間で注目されている有名企業が、月45時間を超える固定残業代の下で社員を働かせているということは残念ですし、周りに与える悪影響も大きいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.