くらし情報『伊勢谷友介の“個人”事務所が解散へ、のしかかる違約金に「所属俳優は移籍先探し」』

2020年9月20日 07:00

伊勢谷友介の“個人”事務所が解散へ、のしかかる違約金に「所属俳優は移籍先探し」

伊勢谷友介の“個人”事務所が解散へ、のしかかる違約金に「所属俳優は移籍先探し」


2018年、骨折していた伊勢谷友介
「彼の逮捕によって、事務所は解散する方向で話が進んでいるそうですよ」(芸能プロ関係者)

9月8日に乾燥大麻20.3グラムを所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の容疑で逮捕された伊勢谷友介容疑者。押収された大麻については、警視庁の調べに対して「リラックスするために吸っていた」と、供述しているという。彼の場合は、公開が控えている映画がいくつかあったため、関係各所がその対応に追われることになった。

「芸能人が逮捕されるたびに、ドラマや映画などの作品を“お蔵入り”にするか、または出演シーンをカットするかといったことが話題になります。いわゆる“作品に罪はあるのか”といった議論ですね。以前はお蔵入りや出演シーンのカットという対応が多かったのですが、伊勢谷さんの出演作については、かなり早い段階で“予定通り公開”とアナウンスした作品があります。

10月30日の公開を予定している映画『とんかつDJアゲ太郎』、2021年公開の映画『いのちの停車場』は、どちらも彼の出演シーンをカットしないことを発表しました。ほかに出演予定の作品が2作品ありますが、そちらも同じ対応をするのではないかと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.