くらし情報『少年隊、CDほぼ廃盤、2人が退所決定も“オワコン”どころか10代にまで愛されていた!』

2020年9月24日 19:00

少年隊、CDほぼ廃盤、2人が退所決定も“オワコン”どころか10代にまで愛されていた!

少年隊、CDほぼ廃盤、2人が退所決定も“オワコン”どころか10代にまで愛されていた!
少年隊のメンバー(左から植草克秀、錦織一清、東山紀之)
2020年9月20日、少年隊の錦織一清(55)と植草克秀(54)が年内いっぱいでジャニーズ事務所を退所することが公式サイトなどで発表されると、テレビ番組では速報が報じられ、SNSでは「少年隊」がホットワードに。翌朝のスポーツ新聞各紙でも芸能面トップを飾るなど、あらゆるメディアで騒然となった。

■900円のシングルCDが数万円に!

少年隊は前述の錦織、植草と、来年以降も事務所に残留する東山紀之(53)からなる3人組の男性アイドルグループで、’85年に『仮面舞踏会』でデビュー。’08年のミュージカル『PLAYZONE(プレゾン)』での主演以降、グループとしての活動がなかったものの、テレビ番組のジャニーズ特集では著名人やジャニーズ後輩たちが少年隊の楽曲やパフォーマンスをこぞって絶賛し、そのたびに若いファンや昔の出戻りファンを増やしつつあった。

その証拠に、オークションサイト『ヤフオク!』や、フリマサイト『メルカリ』では、彼らのCDなどが当時の数倍から数十倍の値段で取引されている。定価900円(税込み)のシングル『仮面舞踏会』が2万円、定価2400円(税込み)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.